「未分類」カテゴリーアーカイブ

借地権はなぜ安くなる?

単独売買はどうしても安くなる、借地権の売却については常にそういわれます。なぜそんなに安くなるのか、これには、借地権は強い権利を持っている割に、土地の完全所有とならないことから、地主さんに対し支払う金額が出てくるからです。

契約更新の際には借地権価格の1割程度といわれる更新費用が必要となりますし、地代の支払いもしなければなりません。もしも立て替えが必要という時には、地主さんに建て替えのための承諾料が必要となりますし、譲渡という場合にも地主さんに許可を頂き、承諾料を支払う事になるのです。

こうした借地権は買手の方から見ると、支払う金額が多くリスクもあり、コストもかかる、あまりいい買い物と感じません。コストについては継続的に発生するものですし、何をするにも地主さんから承諾を頂きしかも承諾料を支払わなければならない、結構理不尽な売買となるので、借地権は単独売買がなかなか成立しないといわれるのです。

また成立した場合でも、単独で借地権の売却という事になると、実勢価格に借地権割合を乗じた金額よりも非常に安い金額で取引されるため、なんだか損をしたような気分になってしまう事も事実です。価格についてなど理解しておかないと納得がいかないとトラブルになる事もありますので、しっかり理解しておきましょう。