「未分類」カテゴリーアーカイブ

売却と相続の事

借地権を売却する場合、理想といわれているのが地主さんとの共同売却です。借地権や低地について単独売却するという場合、更地の売却と比較して、かなり安く売却する例が多いです。できれば地主さんとの共同売買とすることが理想です。

ただ地主さんにも事情があり、また考えていることもあるかと思いますし、予定していることもあるでしょう。地主さんと良好な関係が出来ている人なら問題なく話し合いなどができると思いますが、地主さんとの関係が良好ではないという場合も多いので、この場合、共同売買したくてもうまくいくはずがないと考えます。

借地権を相続するという時の選択肢として、売却するという事については、有効利用の売却といえるのか考えてみると、様々な活用方法があり、人によって大きく違います。

相続した借地権について、そこに住む予定がない相続人だった場合、負担と感じる方も多いですし、収益物件などを建設する事で借地権を有効活用される方もいます。しかし借地権という権利をよく理解されていないと判断を誤り全く逆方向に事が進んで行ってしまったり、相続人が複数いる場合は、権利自体が複雑になるため、売買、活用などが頓挫してしまう事も多いのです。借地権の売却については、非常に難しい事が多く法律が関わってきますので、専門家にしっかり相談し、出来る限り良好な方法で事を進めていく方がいいでしょう。