借地権の売却は専門家へ

借地権、低地の評価額というのは、通常路線価によって借地権割合を乗じて計算することになります。しかしこの場合相続税を確定するための基準という事で、借地権や低地の取引金額となる訳ではありません。

通常借地権、低地などを一般の方が購入するという事はまれで、一般的に不動産会社に単独売却する、若しくは地主さんと共同で売買するという事が多いです。この場合、価格の違いがかなりあります。こうした価格の違いがある事を理解しておかないと全くお門違いの金額で売却してしまったり、低地の買取りをしてしまう事位なるので、注意が必要なのです。

またこうした借地権についての専門家は少なく、不動産業者で経験や実績があるところでも、借地権については扱っていないという所が多いので、借地権の売却については、専門家にしっかり相談して、適正な価格で売却できるようにする方がいいのです。

借地権の売却価格に関しては、コーヒーカップとソーサーに例えられることが多く、売却、売買についても専門的要素が強いので、売買に関する知識を少しでももって、しっかりと売却に向けて準備していくことが必要なのです。きちんと準備していても、トラブルが起こる事もあります。

借地権に関しては古くからトラブルとなる事が多いとされてきましたが、現在も旧借地法が生きている物件については難しい事が多いです。当サイトで借地権の売却について、売却を考えている方が少しでも情報を得ていただけたら幸いです。